チェリスト Eduardo del Rio Roblesのホームページへようこそ!

   スペイン マドリード出身のチェリスト、エドアルド・デルリオ・ロブレスは、パブロ・カザルスの愛弟子であった名チェリスト ペドロ・コロストーラに師事し、スペインの伝統を受け継ぐチェリストです。

 

Musical Biography


エドアルドデルリオロブレス (チェリスト)
—————————-

スペインの名チェリストペドロ・コロストーラ( 同氏はポール・バズレール、アンドレ・ナヴァラ、ガスパール・カサド、パブロ・カザルスの弟子)に師事し、マドリード王立音楽院で名誉賞を得る。様々な室内楽コンクールで受賞する傍ら、ソリスト又室内楽奏者として国内外で精力的な活動を行なう。1999年から2019年まで、Conservatorio Rodolfo Halffter(マドリード)でチェロと室内楽の教授を務める。

 

2008年よりプラハ国際音楽祭Ameropaにてチェロと室内楽教授を務め、2008年、2017年滋賀県大津で催された室内楽講習会Biwako Chamber Music Campに講師として招かれる他、日本においても演奏活動を行っている。

ソリストとして、1994年スペイン王立ホールにてエルガーの協奏曲、2007年モストレス市のTeatro del Bosqueにてサンサーンスの協奏曲、2008年プラハにてカメラータ フィルハーモニア ボヘミア とヴィヴァルディの二重協奏曲、2009年マドリードにてBamberg財団オーケストラとハイドンの協奏曲ニ長調、2012年神戸市 旧グッケンハイム邸にてハイドン協奏曲ハ長調、2012~14年マドリードのオーケストラとドヴォルジャークの協奏曲を演奏。2018年チェコ共和国にてブラームスの二重協奏曲をヴァイオリニストEvgenia Epshtein、カメラータ フィルハーモニア ボヘミアと演奏。 2010年サンタンデールにて開催された独奏リサイタルでは、彼自身の作曲による3つのチェロ組曲が発表された。

 



 

近年、タニードスレコードよりチェロとピアノ(又はチェロソロ)によるスペイン音楽集 Joyas del Violoncello EspañolシリーズとBrilliant duets for two cellosを録音発表し、好評を博す。作曲家として自作品をTVCD録音にて発表、また他アーティストに提供する等、多方面で活躍している。

 

 

 

Works

 

スペイン音楽を集めたCDアルバムです。

リンク先からご購入頂けます。

!!new!!

CD試聴が出来るようになりました。